安心してのびのび過ごす生活の中で、バラエティに富んだ経験を積み重ね、豊かな情操を育みます。

保育の特長

何よりも、子どもたちが日々安心し、安定した気持ちで過ごせるよう、スキンシップを大切に、愛情あふれる保育を心掛けています。
その中で、成長に応じて、無理なく多くの経験や体験ができるよう、しっかりした保育計画を立て、充実した園生活を送っています。

主に3歳以上児

正座の時間

朝礼の時に「正座の時間」を設けています。
集中力や忍耐力を養い、感覚・知覚を鋭くする目的で行っています。

文化・芸術に親しむ

豊かな情操教育をめざし、日本文化である習字や茶道を体験し、英語に親しみ、音楽や美術を楽しむなど、子どもたちの知的好奇心を存分に刺激します。(年長組)

健康で丈夫な身体づくり

飛び箱、マット運動など、体育遊びにも力を入れ、元気いっぱい遊べる丈夫な身体づくりに務めています。

お年寄りや地域の方々との交流

デイサービスセンターの方々との交流など、地域福祉活動を積極的に行ったり、地域の方々と一緒に楽しめるクリスマス会などの行事を行ったりしています。

食育の会

日々の保育の中でも「食」の大切さについて話し合ったり、絵本や紙芝居で学んだりしています。栄養士や調理師が給食の時間に様子を見てまわったり、「食」の大切さを身近に感じられるよう、年に数回、「食育の会」も行っています。

▲このページのトップへ