保育方針…知育・徳育・体育のバランスのとれた人間形成をめざします。

かがやきは、未来の芽。

一人ひとりが違う輝きをもっている子どもたち。
その輝きを大切にします。
人間形成の基礎となる乳幼児期に、大人から愛情をしっかり受け、未来への希望をもって、輝き、成長していく子どもたちであってほしいと願い、保育を進めています。

保育目標
知育

「素直で賢い子」
発達に即した様々な活動を通して、一人ひとりの良さを伸ばし、可能性を引き出します。

徳育

「明るく思いやりのある子」
集団保育を生かし、自主、自立の精神を培い、社会性を育て、将来、社会人として自立していくための基礎をつくります。

体育

「心身ともに元気な子」
やさしく家庭的な雰囲気の中、健康的な生活リズムで生き生きと活動し、元気な体をつくります。


▲このページのトップへ